スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパボディに関するセミナー報告-3

1/29(土)    Ⅳ


ヨーロッパボディに関するセミナーに参加@デザビレ

ヨーロッパボディに関するセミナー報告-1

ヨーロッパボディに関するセミナー報告-2


(前記より...)

【新しいボディの必要性】

1.デザインの為のボディ


・服と身体の間に空間を作り上げる
・ドレーピングにより、スタイル(デザイン)が生まれる
・ヌードボディに、アイデアと時代性を取り入れる

2.現代的なプロポーション

・ゆるみのある工業用ボディ≠ゆるみはデザインに含まれるもの
・時代によって変化

3.グローバルマーケットに対応した寸法

・商品が国境を越えて動く時代
・情報量が勝負

4.プロダクトデザインとしての完成度

・デザイナーが、1日の中でボディと対峙する時間の長さ
・ボディとの対話(パートナーとして)
・1つのプロダクトとしての美しいボディ


【ゆるみ入りの工業ボディの限界とヌードボディの必要性】

1.ゆとり量は、デザインによる決定である。

2.ゆとり量には流行があり、一定ではない。

3.ゆとり、ゆるみに対する認識・許容量の違い


・ゆとり≠着心地
  日本古来の着物文化>     ゆとりの固まりであるが、決して着心地は良くない
  ヨーロッパのコルセット文化> ゆとり量-10%なれど、600年間続く

・露出度の違い
  身体を覆うか、中からも表現・主張しようとするか 

・ファッションのガラパゴス化


会場4


(続く...)



Copyright (C) 2011 mizmiz All Rights Reserved.
スポンサーサイト

テーマ : ファッション情報
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mizmiz1964

Author:mizmiz1964
ブログスタート4周年目で
心機一転!
こちらで[第二章]が
スタートします!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。