スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパボディに関するセミナーに参加@デザビレ

1/29(土)    今宵決戦


(昨夜、いつものデザビレに向かい...)

下記に添付する告知メールのセミナーに参加しました。

__________________________________________________________________


『ヨーロッパサイズの裁断用ボディ
“シュプール:spur”の開発を通して見えた、
ヨーロッパのファッション環境』



現在、ベルリンファッション大学AMD教鞭を執る近藤保先生が、
シュプールの開発を通じて見えた事考えた事を、日本とヨーロッパの
ファッション環境を比較しながら、アパレルの現場と教育に携わる
学校の両方の立場から、その違いを具体的にお話し頂きます。

ヨーロッパのぼでぃ屋さんの裏話から、ファッションに対する日欧の
学生のアプローチ方法の違い、ドイツヒューゴボス社のパターンナー様の
仕事環境の様子に至るまで、日本人とヨーロッパ人の体型とサイズの
違いを、製作の参考となった実際の人の写真を使って解説して頂きます。

また、今まで業界で末永く、お使い頂いております工業用ボディ(キプリス)と、
ゆるみの無いヌードボディ:Spurを比較し、ゆるみに対する
認識の仕方・扱い方を、ヨーロッパのファッション特性と絡めながら、
ドレーピングの実演を行って頂きます。

私共も、日本の物づくりがヨーロッパのお客様に喜んで頂けるきっかけに
なれる様、期待しています。

ドイツにお住まいを構えられている先生のお話を聞けるこの機会に、
ぜひご参加ください。

◇講師 近藤 保 

ベルリンファッション大学AMD教授  
HP:http://www.tamotsukondo.com/index.html
プロフィール:http://www.tamotsukondo.com/profile-jp.html 

◇日時 1月28日(金)19:00~21:00(18:30開場)

◇場所 台東デザイナーズビレッジ
http://www.designers-village.com/ 


__________________________________________________________________

海外へ進出するにあたり、障壁の一つとなる"サイズ感"を克服する為、

生産サイドとしても知識を習得するべき...
と思った次第です。

kiiya.jpg


(次記に続く...)


Copyright (C) 2011 mizmiz All Rights Reserved.
スポンサーサイト

テーマ : レディースファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mizmiz1964

Author:mizmiz1964
ブログスタート4周年目で
心機一転!
こちらで[第二章]が
スタートします!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。