スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おせんさん

12/6(土)    渾身の記

(一昨日の夜、表参道の帰り道...)

電車移動だったので、鶯谷駅に降り立ち、上野桜木の山を上がりました。
鉄道陸橋を渡ってすぐの、言問通り沿いの角にひっそりと佇む、
前々から気になって仕方なかったお店"おせん"さんに初訪問しました。

081204_おせん外観.jpg

暖簾をくぐると、中から「いらっしゃ~い」と妙齢の老婆(?)が2人、
出迎えてくれました。
「どちらが"おせんさん"なのだろう?」と考える間も与えず、
「お客さん来るのが遅いから酔っ払っちゃったよ」と
暖かく迎え入れてくれました(笑)。

カウンターの特等席には、猫の"ちぃちゃん"が陣取っていましたので


081204_ちぃちゃん.jpg

その横に座り、まずは熱燗を注文。
お通しが出された後におでんを注文しました。
はんぺん・玉子・ちくわぶ...などなど。
すると、お店の人だと思っていた実は友達!!の"おすぎさん"が、
店の奥にいる"おせんさん"に「はんぺんないわよ!!」と一声。

081204_おすぎさん.jpg

「はんぺんは煮過ぎちゃダメだから、今持ってくよ」と
奥からおせんさんの声が帰ってきました。
程なく"はんぺん"を持ってきながらおせんさんが...
「男はみんな、はんぺんだの玉子だの白いもんが好きなんだよね」
と、さもありなん何やら意味ありげに登場☆★☆★。

081204_おせんさん.jpg

おでんを肴に、酒が進みます♪。

081204_おでん.jpg

おせんさんは大正生まれで、御年なんと87歳!!。
それでも毎晩、大好きな日本酒を五合は空けているそうです。
吉原の傍で生まれ育ち、寄席に出ていた、もうとうに亡くなられた
ご主人の世話を焼きながら、この地にお店を開いて50年になるとか!!。

081204_おせん店内③.jpg

「お兄さん、吉原行った事あるかい?。今のソープなんとかじゃなくて」
といきなり突っ込まれ、「そんな歳じゃないですよ!!」とお茶を
濁しながら(汗)答えると...
「吉原行こうか女郎買おか、かかに話して怒られた~♪」
(うろ覚えですが)
粋な小唄を交えながら、吉原の古き時代の話をしてくれました。

081204_おせん店内②.jpg

おせんさん自身も三味線の師匠という芸人一家で、根岸の名門噺家
のみならず、笑点の大喜利に出ている噺家さんなども、ここ"おせん"を
贔屓にしているとか。
もっとも「アタシの前じゃみんなシュンとしてるけどね」と...

081204_おせん店内①.jpg

この店の佇まいと、この古き東京の生き字引"おせんさん"に惹かれて、
皆さん足繁く通ってくるんですね♪。

「名前何て言うんだい?。じゃあ~みっちゃんか!覚えたよ!!」
おせんさんは酔っ払っていたので、たぶん覚えてないでしょうが、
また伺おうと思っています。

おせんさんの後ろ髪を結ったリボンに、なんだかキュンとなりました♪。

081204_おせん住所.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mizmiz1964

Author:mizmiz1964
ブログスタート4周年目で
心機一転!
こちらで[第二章]が
スタートします!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。