スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思わず涙するイイ話2

FBで数多くシェアされている話です。

一読目は耐えましたが、読み返したら涙がこぼれました。
クルマの中で良かった…



【清志くんと比呂志さん】

「いっぱい食べな」

認知症のでてきたおばあちゃんが
息子の清志に大きな海苔巻きをすすめました

タマゴとキュウリと梅干しの海苔巻きです

今日は小学3年生の清志の運動会

「いらねぇよ、給食、教室で食ってきた」

清志がいいました

生徒たちはお昼は家族とは別に
生徒たちだけで給食を食べることになっているのです

「そんなこといわないで食べな

やっと今年は運動会にくることができたんだから

ごめんねぇ
仕事が忙しくてずっと運動会にくることができなかったんだよ

かあちゃんもつらかったよ
毎年
比呂志にさみしい思いをさせちまって」

おばあちゃんはやさしく笑って清志に語りかけています

「比呂志はお父さんだよ
ぼくは清志だよ」

清志が口をとがらせました

おばあちゃんは清志を子どもの頃の夫だと思っているようでした

女手ひとつで夫を育てあげたおばあちゃんは
夫の運動会にはついに一度も顔を見せたことがなかったと夫からきいていました

それが突然
清志の運動会にいくといい
海苔巻きまで作ってしまったのです

すっ、と夫が海苔巻きに手を出しました

伸ばした手に
涙がポロポロこぼれていました

きれいな涙でした

夫は涙をふこうともせず
次から次へと海苔巻きを食べはじめました

ずっと無言でした

「ひとつ、食べなさい」

私は清志にいいました

夫が泣いているのを目にして
清志は素直に海苔巻きに手を伸ばしました

「おいしいかい?
比呂志の運動会にこれて、ほっとしたよ」

おばあちゃんは安心した笑顔を見せました

清志が海苔巻きをほおばったままかけだしていき
夫はポロポロと涙をこぼしたまま
おばあちゃんの海苔巻きを全部平らげてしまいました

来年もこようね、おばあちゃん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mizmiz1964

Author:mizmiz1964
ブログスタート4周年目で
心機一転!
こちらで[第二章]が
スタートします!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。