スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鳴かぬなら○○○○○○○ホトトギス」

2/22(木) 穏やかな快晴   


先日、友人と話をしていてふとした事から、豊臣秀吉の
「鳴かぬなら。。。」って何だっけ?という話題になり、
ボクは「鳴かぬなら 鳴くのと替えよ ホトトギス」だ!
と強行に主張しまして、帰宅後にネットで調べて赤っ恥を
晒した事がありました。
その時にいろいろ調べて面白かったので、簡単に紹介します。

戦国時代の武将を詠んだこの有名な三句は、江戸時代後期に
松浦(まつら)静山の随筆集「甲子夜話(かっしやわ)」に
登場します。
それ以外にも、もうすでに将軍(武将)など形骸化して
しまった天下泰平の時代の徳川十一代将軍家斉を
揶揄した「鳴かぬなら 鳥屋へやれよ ホトトギス」
などが詠まれています。
そして、もしかしたら後で大変なお宝に化けるか
しれないぞ!という庶民の願いを込めてかどうか(?)
「鳴かぬなら もらって置けよ ホトトギス」という句で
結ばれています。

その他補足としまして...
あの偉大な故松下幸之助さんは
「鳴かぬなら それもまたよし ホトトギス」と、
三句でも登場する織田信長の子孫、フィギィアスケートの
織田信成くんはTVのインタビューに対して、
「鳴かぬなら それもいいじゃん ホトトギス」と
詠んだそうです。

あなたなら「鳴かぬなら...」何を詠みますか?。


ちなみにボクは
「鳴かぬなら 代わりに鳴くよ ホトトギス」
です。

<その他友人作品集>

「鳴かぬなら 鳴くとき来てね  ホトトギス」
「鳴かぬなら 放っておこう   ホトトギス」
「鳴かぬなら くすぐっちゃうぞ ホトトギス」
「鳴かぬなら 食ってしまうぞ  ホトトギス」
「鳴かぬなら いくらで鳴くの  ホトトギス」
「鳴かぬなら 鳴くまで帰さん  ホトトギス」
「鳴かぬなら 理由を述べよ   ホトトギス」
「鳴かぬなら まずは呑もうよ  ホトトギス」

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mizmiz1964

Author:mizmiz1964
ブログスタート4周年目で
心機一転!
こちらで[第二章]が
スタートします!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。